FC2ブログ

私というドラマを生き、気づきという愛を奏でる|ノンデュアリティと非二元と悟り

A Course in Miracles(奇跡講座)をベースに非二元とこの世界の摩訶不思議さを生きるブログ
0

感情が荒れ狂ってしまうのは?

こんにちは^^中村です。

私たち人間は時として抑えがたい感情を持っています。

かなり昔のことですが、心の底から怒りをグワーっと感じたときがありました。

そのときに、お腹の中にヘビのような長い生き物がいるようにお腹の中がグルグルと回った感覚を感じました。

怒りのエネルギーが体を駆け巡ったことをはっきりと理解できた貴重な体験でした。

まずは身体を使って発散



感じ切る余裕がないほど強い怒りや悲しみは、身体を使って発散させるのが良いと思います。

抑えきれない感情は細胞にたまった思考や感情エネルギーの反応が大きいということです。

まずはその細胞に溜まっている思考や感情を発散させる目的で身体を動かすことをするのがよいです。

運動が苦ではないのなら、ランニングや水泳、ウォーキングなどもよいと思います。

ボクシングのサンドバックをたたくのもありです。

身近なところでは、枕やクッションなどをボッコボコにしたりするのもいいと思います。

まずはある程度、細胞記憶として溜まっているエネルギーを分散させましょう。

感情の発生メカニズム



感情の発生メカニズムとして必ずこの流れがあります。

思考 → 感情

瞬間湯沸かし器なみの速さの怒りでもこの流れは覆りません。

私たちには認識できない思考が感情を引き出しています。

この思考、普段は絶対にわかりません。

例えば、誰かに嫌味を言われたから怒りが沸いてきたのかもしれませんが、それは怒りの本当の理由ではありません。

もしその嫌味が怒りの本当の原因なのなら、その嫌味を言われた人すべてが怒りが沸いてくるはずです。

同じ言葉を言っても、怒りが沸いてくる人もいれば、悲しみを感じる人もいます。

また、全く気にならない人もいるでしょう。

人によって反応が様々なのなら、その嫌味が怒りの原因ではなく、言われた人の中にあると言えます。

思考 → 感情

嫌味をどう捉えたのかによって感情の種類が変化します。

どういう捉え方をする思考を自分がもっているのか、ここが感情の種類を決定します。

根源に存在する思考



どういう捉え方をする思考を自分が持っているのか、というのは、別の言い方をすると、どういう捉え方をしている自分がいるのか、ということになります。

それはどんな自己イメージを持っているのかということにもなります。

どんな「私」なのか、なのです。

「私」がいないという悟りや非二元(ノンデュアリティ)の言葉が魅力を感じるのは、無意識の内に持っている自己イメージが自分を苦しめていることを知っているからかなと思います。

私たちの中にはポジティブな思いをもった「私」もいますし、ネガティブな思いをもった「私」もいます。

実は潜在意識は無数に存在する「私」で埋め尽くされていると言えるでしょう。

私たちの形而上の部分からみると、私たちの経験は、神(一なるもの、愛)から離れ、「個」をもったことによる罪悪感によるものが、繰り返されている瞬間の連続です。

ですので、現実としては「嫌味を言われて嫌な気持ちになった」わけですが、同時に「個」をもったことによりできてしまった「私」の罪悪感が刺激されています。

時間は幻想なので、はるか昔という言い方は違うのですが、あえて「時間」を取り入れた言い方をします。

はるか昔、何十億年前に持ってしまった「私」という自己イメージがこの嫌味に反応しています。

抑えきれないほどの感情の場合は、「私」が強く反応しているということです。

思考や感情の元になっているものというのは、はるか昔にできてしまった「私」という存在になります。

「私」がいないことを見破るために



けれども、「私」がいないことが真実なのであれば、どうすればつくりあげてしまった「私」から解放されるのでしょうか?

それは、つくりあげてしまったのですから解体するということです。

「私」は幻想なので、解体というと実体を持っているように捉えられる可能性があり、解体という言葉は適切ではないかもしれません。

でも私たちは幻想だと思えないほどのリアリティの中にいるので、今は解体という言葉を使います。

解体は能動的ですので、無視をしたりなかったことにしたりすることではないです。

あえてそこに向かう、そうでなければ解体はできないません。

「感情を感じ切る」というのも意識的にその感情に留まらないといけないので、感情を解体していることになるでしょう。

根源的な「私」と対峙することで、実体があるような嘘を見破ることもできます。

今自分が感じている感情を無視したり、なかったことにしたりしてはいけないのです。

「苦しいもんは苦しい」

「辛いもんは辛い」

「悲しいもんは悲しい」

と「私」の感情を認めることが、非二元的な生き方として大切な一歩です。

0

肉体の秘密と思考と感情の正しい接し方その2

こんにちは^^中村です。

強い怒りでワナワナしているときや苦しんでいるときは、自分に余裕はなく「それどころじゃない!」て思いますよね。

でもこれ、肉体の感覚がなければ、どうなると思いますか?

実は、怒りを感じることができないんです。

苦しみもありません。

思考と感情と肉体の感覚は下記のような相互関係があります。

そのどれかが完全になくなれば、他もなくなってしまうんです。

肉体の秘密と思考と感情の関係

細胞に蓄積する思考と感情エネルギー



思考や感情のエネルギーは私たちの身体の細胞にたまります。

それは量子物理学の世界では認識されているようです。

これを細胞記憶と呼んでいます。

医学部の教授だったリプトン博士の著書やロイド医学博士の著書である下記にはそのことが記されています。





この細胞に蓄積されている思考や感情と私たちの周りに漂っている思考や感情が反応を起こします。

これが私たちが感じる感情になります。

思考と感情をつかまえる私たち



以前思考や感情は私たちのものではないということを言いました。

http://acimlessons.blog.fc2.com/blog-entry-143.html

思考や感情は目に見えませんが、あなたの周りに漂っています。

形を持たないエネルギーなので、時空などにも影響を受けにくいです。

この思考と感情の特性があるから、過去世の痛みなどを現在、経験することになったりします。

私たちは細胞に蓄積した思考と感情エネルギー(細胞記憶)に応じて、周りに漂う思考や感情をつかまえ、反応します。

細胞記憶と潜在意識



細胞記憶と潜在意識は同意語だと思っていただいていいです。

肉体は一なる私たちがエゴと同一化し、分裂を繰り返した最終段階の状態です。

なので、肉体はエネルギーが物質化したものです。

肉体になる前のエネルギーは時空に影響を受けにくいので、過去世のエネルギーも入り込んでいます。

肉体を持つ前の私たちの意図もくまれています。

ですので、肉体の細胞記憶がとってもしんどい-つまり潜在意識にネガティブがたくさんあるということ-ということもありえます。

反応しきれば消える



私たちは細胞に蓄積した思考と感情エネルギー(細胞記憶)に応じて、周りに漂う思考や感情をつかまえ反応する、これが私たちが感じる感情になるといいました。

化学反応は反応しきると消えていきます。

同じように思考や感情も反応しきると消えていきます。

「反応しきる」とは「感じ切る」ともいいます。

ですので、湧いてきた感情をただただ感じ切ればいいのです。

湧いてきた思考に反応せずにただただ観察すればいいのです。

感情と思考の正しい接し方の基本は、「感じ切る」です。

でもそんなことができないほど荒れ狂う感情はどうしたらいいでしょう?

次回はそんなところに対してどう接していくのかについてみてみます。

0

肉体の秘密と思考と感情の正しい接し方その1

こんにちは^^中村です。

気づきに気づいている、いないに関わらず、思考と感情に振り回されないことは、生きる上でとても重要ですよね。

また、苦しみや辛さから解放されることを願い、悟りや非二元(ノンデュアリティ)を求めている方もいらっしゃいます。

それも思考や感情が深く関わっていますよね。

苦しみという感情。

辛さという感情。

漠然とした満たされないような気持ちで悟りや非二元(ノンデュアリティ)を求めている方もいらっしゃると思います。

もちろん、好奇心バリバリの方もいらっしゃるでしょう。

でもそのすべてにおいて、苦しい辛い、満たされない、面白そうという思考や感情が影響しています。

思考や感情と悟りや非二元(ノンデュアリティ)が深く関わっていることがみえてきます。

思考と感情を受信する肉体



思考や感情は私たちの中から湧き出てきていると感じます。

この湧き出てきている肉体感覚があるので、思考や感情は私たちの中で起こっているような錯覚を覚えます。

この湧き出てくるような肉体感覚があるので、私たちは思考や感情と一体化して自分と切り離すことができません。

この思考や感情と肉体の密接な関係を非二元(ノンデュアリティ)の観点からみてみると、思考と感情の適切な接し方の重要性を感じ取れると思います。

エゴの最大の武器は非二元の最大の入口



エゴの最大の武器、それは「肉体」です。

この世界が幻想ならば、肉体ももちろん幻想ですよね。

でも幻想だと思えないほどリアルに感じるのは、肉体の感覚があるからです。

強い痛みがあるのに、その痛みを気にせずにいることが出来る人なんていないでしょう。

寒さ暑さも感じますし、甘味やしおけなども感じます。

肉体の色々な刺激を感じながら、それを幻想だと思うほうが無理があるかもしれません。

肉体は幻想の世界を現実だと思わせる最大のエゴの武器です。

ただ長所と短所が紙一重であるように、最大の武器は最大の弱点を備えていたりするものです。

その最大の弱点というのは、非二元(ノンデュアリティ)の入口です。

肉体はエゴの武器であると同時に、エゴの弱点である非二元(ノンデュアリティ)の入口でもあるのです。

肉体の感覚に集中すると?



瞑想をするときに呼吸に意識を集中させてみてください、と聞いたことがないでしょうか。

呼吸は鼻から息を吸い込む体の感覚やお腹の動きをコントロールできるからです。

呼吸という肉体の感覚に集中しています。

瞑想の時、呼吸に集中するのは、思考をしないためです。

いつの間にか思考をしてしまったら、また呼吸に意識を戻してくださいと言われるのはそのためです。

肉体の感覚に集中すると、かなり思考をすることを抑えられます。

思考や感情は形がないので、過去や未来の色々なところに飛んでいきますが、肉体はここにしかありません。

ですので、ここにしかない肉体に集中することは、非二元(ノンデュアリティ)の「今ここ」への切符になります。

私たちは肉体を持っているがために、幻想を現実だと縛り付けられていますが、「今ここ」への入口にもなっています。

でもなかなか身体に意識を向けるというのは、難しいところがあります。

この難しさがエゴの武器なんです。

肉体の秘密その2へ続きます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。