FC2ブログ

私というドラマを生き、気づきという愛を奏でる|ノンデュアリティと非二元と悟り

A Course in Miracles(奇跡講座)をベースに非二元とこの世界の摩訶不思議さを生きるブログ
0

肉体の秘密と思考と感情の正しい接し方その2

こんにちは^^中村です。

強い怒りでワナワナしているときや苦しんでいるときは、自分に余裕はなく「それどころじゃない!」て思いますよね。

でもこれ、肉体の感覚がなければ、どうなると思いますか?

実は、怒りを感じることができないんです。

苦しみもありません。

思考と感情と肉体の感覚は下記のような相互関係があります。

そのどれかが完全になくなれば、他もなくなってしまうんです。

肉体の秘密と思考と感情の関係

細胞に蓄積する思考と感情エネルギー



思考や感情のエネルギーは私たちの身体の細胞にたまります。

それは量子物理学の世界では認識されているようです。

これを細胞記憶と呼んでいます。

医学部の教授だったリプトン博士の著書やロイド医学博士の著書である下記にはそのことが記されています。





この細胞に蓄積されている思考や感情と私たちの周りに漂っている思考や感情が反応を起こします。

これが私たちが感じる感情になります。

思考と感情をつかまえる私たち



以前思考や感情は私たちのものではないということを言いました。

http://acimlessons.blog.fc2.com/blog-entry-143.html

思考や感情は目に見えませんが、あなたの周りに漂っています。

形を持たないエネルギーなので、時空などにも影響を受けにくいです。

この思考と感情の特性があるから、過去世の痛みなどを現在、経験することになったりします。

私たちは細胞に蓄積した思考と感情エネルギー(細胞記憶)に応じて、周りに漂う思考や感情をつかまえ、反応します。

細胞記憶と潜在意識



細胞記憶と潜在意識は同意語だと思っていただいていいです。

肉体は一なる私たちがエゴと同一化し、分裂を繰り返した最終段階の状態です。

なので、肉体はエネルギーが物質化したものです。

肉体になる前のエネルギーは時空に影響を受けにくいので、過去世のエネルギーも入り込んでいます。

肉体を持つ前の私たちの意図もくまれています。

ですので、肉体の細胞記憶がとってもしんどい-つまり潜在意識にネガティブがたくさんあるということ-ということもありえます。

反応しきれば消える



私たちは細胞に蓄積した思考と感情エネルギー(細胞記憶)に応じて、周りに漂う思考や感情をつかまえ反応する、これが私たちが感じる感情になるといいました。

化学反応は反応しきると消えていきます。

同じように思考や感情も反応しきると消えていきます。

「反応しきる」とは「感じ切る」ともいいます。

ですので、湧いてきた感情をただただ感じ切ればいいのです。

湧いてきた思考に反応せずにただただ観察すればいいのです。

感情と思考の正しい接し方の基本は、「感じ切る」です。

でもそんなことができないほど荒れ狂う感情はどうしたらいいでしょう?

次回はそんなところに対してどう接していくのかについてみてみます。
関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acimlessons.blog.fc2.com/tb.php/145-4b0212e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。