FC2ブログ

私というドラマを生き、気づきという愛を奏でる|ノンデュアリティと非二元と悟り

A Course in Miracles(奇跡講座)をベースに非二元とこの世界の摩訶不思議さを生きるブログ
0

純粋非二元からみる非二元(ノンデュアリティ)の気づきの意識とは?

気づきの意識とは?

こんにちは^^中村です。

無邪気な思いが生み出した意識



非二元(ノンデュアリティ)の気づきの意識が真我ではないとしたら、それって一体何??ということになるのですが、気づきの意識というのは、神から最初に分裂した原初の意識のことです。

あるとき、「もしわたしがちょっとだけ冒険をしたらどうなるかしら??」と無邪気な思いがキリストにあらわれたようにみえました。

それは赤ちゃんがが「これはなに??」と色々な物に好奇心を示すのと同じくらい無邪気な思いです。

この瞬間、意識が生まれ、この原初の意識が非二元(ノンデュアリティ)でいうところの気づきの意識(純粋意識)と呼ばれるものとなったのです。

神(真我)からの第一の分裂



ただただ、ただただ永遠の「恒常」だけで、それは欠けることのない一体(oneness)というものだけが在ったのですが、ものすごくわずかな、かすかな一瞬に、キリストのほんの小さな側面に、この一体(oneness)とは違う無邪気な好奇心が現れたかにみえたのです。

この無邪気な好奇心を奇跡講座では「小さな狂った考え」と言っています。

そしてこれが神から「第一の分裂」になりました。

奇跡講座ではこの気づきの意識のことを「決断の主体」と言っています。

気づきの意識と神(真我)の関係



気づきの意識は真我ではないですが、真我と非常に近い位置にあります。

その為、気づきの意識に在るということは、真我の気配というか、それを感じることができます。

なので、とても幸せな感覚、安心感な感覚を感じることができるのです。

よく非二元で「気づきの意識を深めていく」という表現が使われていますが、純粋非二元では神のおられる場所に行こうとする行為にあたります。

ですので、非二元での気づきの意識を深めていくというのは、純粋非二元(神)に通じています。

ですが、気づきの意識が真我だと思っていると、神には到達できなくなり、袋小路に迷い込んだような閉塞感が生まれてしまいます。

「第二の分裂」「第三の分裂」が意味しているもの



第一の分裂が起きたということは、「第二の分裂」「第三の分裂」、、、が起こるのかな?と疑問に思われたなら正解です^^

この第二、第三、、、の分裂をたどっていくと、宇宙の起源、私たちの肉体の起源に行きつくんです。

次回は第二、第三、、、の分裂についてです^^

一つ記憶に留めておいていただきたいこととして、この分裂はまだ形而上であって、物理的な形を成していないのです。

これが何を意味するのかは、後々明らかになっていく大切な事柄なのですが、もう少し後のご説明になります。

この分裂はまだ形而上であって、物理的な形を成していないということを記憶しておいてください。

次回「気づきの意識が起こす第二の分裂、第三の分裂」へ続く
関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acimlessons.blog.fc2.com/tb.php/135-e2552845
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。