FC2ブログ

私というドラマを生き、気づきという愛を奏でる|ノンデュアリティと非二元と悟り

A Course in Miracles(奇跡講座)をベースに非二元とこの世界の摩訶不思議さを生きるブログ
0

■「私」というストーリー その3

「私」というストーリー その1はこちら

「私」というストーリー その2はこちら

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

「自分が欲しいものってなんだろう?」

「本当に自分がほしいと思っているものって何だろう??」

この問いに真剣に答えをだすことだけが、残されている一つの道のような気がしていました。

そして、自分自身に問いかけ始めました。

使い切れないほどのお金があったら嬉しいけど、私の心は満足しない、多少の慰めになるだけだな。

これぞ自分の命をかけていいと思える仕事に出会えたら私、満足するのかな・・・?
でも何かが欠けているような気がする、心のこの空洞は埋まらないな・・・・。

完璧とも言える愛する人ができたらどうなんだろう?

私が欲しいものは、そういうことで代替できるようなものではない、ということだけははっきりしました。

その他にも「病気のしない身体?」「顔とスタイルが抜群では?」ということも自分に問うてみたのですが、どれも答えはNOでした。

安心感とか愛されたい感覚がもっと欲しいのか?
確かにそれは欲しい・・・でも、でも・・・・何か違う・・・。

自分が欲しいものをあらゆる限りだしてみましたが、答えを得ることができませんでした。

じゃぁ一体、私自身て何なんだろう??もう自分自身が分からなくなっていました。

そう自分自身が分からないのです。

中村まみ、セラピスト、そんなことじゃない、私って一体何??

私が一体何なのかを知りたい!!

心の奥底から沸いてくるこの強烈な感覚に、誰かが答えをくれるわけでもなく、激しいこの“飢え”に苦しんでいました。

そのときの自分はまるで生きる屍。
食べることと呼吸をしているので、かろうじて生きている、そんな表現がぴったりでした。

その“飢え”を抱えながら、いつもの惨めだと思っていた日常生活を送っていた冬のある日。

長靴にかかる雪を無心にみながら通勤をしていました。

長靴から伝わる雪の感触や頬にささる冷たい空気・・・を感じながら、「ふぅ・・・もういい・・・もう何もいらないから!この命もいらないから、もう何も望まないから自由になりたい!!!」と心の中で強く強く叫びました。

その瞬間、本当にまさにその瞬間、圧倒されるほどの感覚とともに、見えている世界すべてが“私”になったのです。

正確には、今まで「私」と思ってきた「私」は、「私」ではなくこの全てが「私」だったんだと意識が180度シフトしました。

「私」というのは、純粋で永遠なる存在として“今ここに既に在る意識そのもの”それが「真実の私」だったのだと理解しました。

私の喜び、悲しみも苦しみと「私の」と考えていたものすべては、この活き活きとした静寂の意識という存在の中から生まれ、そしてまた消えていく、これが絶対的な自分というものの真実なんだと。

それは、その静寂の意識という存在が私の本当の姿ということでもありました。

しかも驚くべきことはそれを私はずっと以前から知っていたことでした。

「やっと思い出せた・・・そうだった・・・私は死ぬことも生きることも、ましてや神に創造されてものでもなく、ただ今ここに永遠にあり続ける“それ”だったんだ」と。

それはあの強烈な飢えへのすべての答えでした。

「私」だけではなくすべての存在は、この意識そのものであり、それはあらゆるところに、見えるもの見えないものすべての中に既に在ったのです。

それは同時に私の長い長い探求に終わりをつげた瞬間でした。

次回は最後、「私」というストーリー その4です。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://acimlessons.blog.fc2.com/tb.php/101-fcb13f44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。